セカンドオピニオン

セカンドオピニオンについて

「あなたは、手術しなければなりません。」と言われたらどうしますか?

 「その医者の診断は正しいのか?その病院で手術していいのか?

色々な疑問が、頭にあふれて不安になります。
マクドナルドのハンバーガーは世界中で、たぶん、同じです。
あってもわずかな違いでしょう。
それでは、医療はどうでしょうか?
ハンバーガーほど同じとはいえません。
ラーメンのように、店ごとに味の違いはあるかもしれませんが、基本的には同じです。
しかし、そういわれても「不安」です。
ほかの医者の意見を聞いてみたいと思うのは当然です。
最近は、「セカンド・オピニオン」という考えが浸透してきました。
つまり、ほかの医者の意見を聞くシステムです。
一昔前までは、「先生に命預けます」「俺に任せておけ」というような場合が多かったのですが、現在は、訴訟も多くなってきたので、医者のほうも嫌がらず協力してくれます。
主治医に言ってください。

「どうも決心できないので、セカンドオピニオンを聞いてみたいのですが、X線写真などの資料を貸してくれませんか?」

これで、だめだという医者はいません。
ダメだといったら、その病院はやめてもかまいません。